島きんかん

フルーティな島きんかん茶

干していた島きんかんが パリパリになったので
お茶にして 飲んでみることにしました。


お湯を注いで フタをして蒸らすこと3、4分。
005_convert_20141204124644.jpg
フタを開けると 島きんかんのフルーティーないい香り。
それに不思議。元のきれいなオレンジ色に。
お湯に ほとんど色は付かないけど みかんのようなほっこりとした優しい味。
皮も柔らかくて食べられる。甘くないピールのよう。
全部食べられなくて、残りは 昼食の雑炊の薬味にして食べました。
 
スポンサーサイト

紫いもで ちょっとおやつ


あまり甘くない紫芋の焼き芋に バターと島きんかんジャムをのせて。
バターのコクと島きんかんジャムのほろ苦さが こじゃれたおやつに。

ホットジュース


今日は祝日。子供が起きてくる前にジャムを作り。
びんに詰め切れなかった「島きんかんジャム」をお湯割りにして。
ホットジュースは ほっこりと優しい気分にしてくれます。

嘉入にしかない?みかん

島きんかんが色づいてきました。

毎日ハイビスカスジャムを作りながら、気になって気になってしょうがなく
黄色くなっている所を見つくろって ちょっと作ろうかなぁ。

大きさは このくらい。ティッシュの取り出し口に3個ちょっと。
008_convert_20141121154712.jpg
小さくて、種が多い。う~ん、手間だなぁ。
「島きんかん」と呼んでるけど 皮は食べられない。きんかんサイズのみかん。
皮も食べられると勘違いされるので 他に呼び名があるか聞くけど
嘉入の人は昔から「島きんかん」と呼んでいるそう。 
私が聞いた範囲では ほかの集落には無いようなのだけど。

放っておいたら 食べるのは鳥だけ。
やっぱり もったいないなぁと作ってみた。
009_convert_20141121154916.jpg
久しぶりに黄色いジャム。爽やかで ちょっとほろ苦くて。作ってよかった。

島きんかん


島きんかんが いい色になってきました。
ハイビスカスも収穫しなきゃと思いながら、今日はこっち。

007_convert_20131127220552.jpg
トゲが痛いんです。奥の方を取ろうとすると、手はもちろん顔まで。気をつけないと。

016_convert_20131127222017.jpg
島きんかんは きんかんサイズの酸っぱいみかんで 普通のきんかんのように 皮は食べられない。
昔は みかんのように 食べたらしいけど 今は誰も食べない。
酸っぱいし、種が多いし、小さいし。
でも、ジャムにすると おいしいと思う。
去年は 皮も使ってマーマレードにしたけど、
今年は皮は使わずに作ってみようと思う。ジュレっていうのかな。